京都 下京区の整体「仲山鍼灸整体院」TOP> 変形性膝関節症のページ

information

メールボタン
お問い合わせボタン

変形性膝関節症







立ち上がりや歩き始めに痛みや違和感を感じる
膝関節に水がたまっている
正座ができない
歩行すると痛みや違和感が生じる
膝が完全に伸ばしたり、曲げたりできない
階段で痛みがあり階段がおっくうになる

このような痛みや症状が続くと辛いですよね。
当院では、同じような症状でお悩みの方が多く改善されています。

まずは変形性膝関節症を改善するために、知っておいた方が良いことがあります




変形性膝関節症とは


変形性膝関節症は、膝関節の軟骨が加齢や外傷により、すり減り変形や関節炎が生じることで痛みや可動域制限がおこる疾患です。

50才代以降の方に多く年齢ともに発症率も高くなってきます。
また、1:4の割合で女性に多く、ホルモンバランスの変化や男性よりも筋力が低下しやすいのがその根拠として挙げられていますが、はっきりとしたことは分かっていません。

大腿骨と膝から下の脛骨の間の関節で発症することが多いですが、膝蓋骨(お皿)と大腿骨の間でおこることもあり、これを膝蓋大腿関節症といいます。



変形性膝関節症の原因


変形性膝関節症の原因は、膝関節の関節軟骨が加齢や外傷によりすり減り、関節炎や変形をきたします。

関節軟骨は、膝への衝撃に対するクッションの役割、関節の表面を滑りやすくする役割があります。

その関節軟骨が加齢や外傷により、すり減り変形をおこすと膝への衝撃が吸収されなくなり、関節の滑りも悪くなるので骨と骨がぶつかり合うことになります。

すると、膝関節の間が狭くなり骨に負担がかかり続けるので骨棘や骨堤を形成しだし変形が次第に進行していきます。

(一次性)
・加齢による筋肉の低下
・繰り返しの膝関節への負担
・女性の場合、ホルモンバランスの乱れ

(外傷性)
・半月板や靭帯など膝関節の組織の損傷
・骨折後の変形
・外反母趾や偏平足などの下部関節からの影響
・化膿性関節炎など感染症の後遺症
・膝蓋骨脱臼や膝関節捻挫

(その他の疾患)
・慢性関節リウマチ
・痛風
など



変形性膝関節症の症状


(初期症状)
・立ち上がりや動き始めに違和感を感じる
・膝に痛みはあるが休むと楽になる
・正座や屈伸運動をすると違和感や痛みがある

(中期症状)
・正座をすると何か挟まっているような違和感がある
・痛みにより正座や屈伸運動ができない
・完全に膝を伸ばせない、または曲げれないなどの可動域制限
・階段の昇り降り(特に降りるとき)の時に痛みが生じる
・膝関節に水がたまる(関節水腫)
・膝関節に熱感がある

(末期症状)
・歩行時に痛みがしょうじる
・全く正座ができない
・目で見て膝関節が変形しているとわかる
・関節水腫

変形性膝関節症がかなり重症化すると安静にしていても痛みが生じる場合もありますが、安静にしていても痛みが生じる場合は慢性関節リュウマチや痛風などとの鑑別診断が必要です。

明らかな変形が見られないのに安静時痛や激痛がある場合は早い目に病院での受診をおすすめします。



変形性膝関節症の治療法


病院では
・消炎鎮痛剤
湿布薬や座薬、内服薬や関節内注射など

・装具療法
サポーターや足底版など

・注射
ステロイド注射、ヒアルロン酸注射、筋肉注射、静脈注射など

・理学療法

温熱療法、電気療法、レーザー療法、赤外線、低周波、運動療法など

・神経ブロック
ブロック注射

・手術療法
人工関節置換術、高位脛骨骨切術、関節鏡視下郭溝術







当院の変形性膝関節症の原因


変形性膝関節症は、膝の軟骨組織が変形し膝関節に炎症がおこり痛みを生じる疾患です。

だからその変形し炎症を起こしている膝関節をなんとかしようとするのですが、それよりも「なぜ?膝関節が変形したのか?」といことをまずは考えないと解決しません。

事故や外傷を除き、変形性膝関節症は突然発症するものではなく、日常的に繰り返し膝関節に負担がかかり続け、その負担に対応しようとした結果じわじわと変形がすすんでいきます。

なので、変形していしまった膝は悪いところではなく、必死で頑張んて身体の調和をとっていてくれているところなのです。

例えば、会社組織で営業部にばかり仕事の負担がかかり、他の技術開発部や経理部などはサボっていたとします。
それでも文句の一つも言わずに営業部は頑張り、重労働にも耐えうるため身体を鍛えマッチョになり過ぎて、ついには過労もあり動けなくなった。

というような状態が膝で起こったと考えてみてください。
解決策は、営業部を強くすることではなく他の部署も働きそれぞれが負担を分担し一致団結して働くことでしょう。

膝関節への負担を身体全体で分担するようにバランスをとっていくことが重要です







身体のアンバランスにより、膝に負荷がかかってしまうような状態になり、膝関節が変形してしまいます。そのため、膝だけになんらかの処置をしても痛みが持続してしまうということが起こってきます。

なので、骨盤から股関節のバランスを整え、負荷が膝にかかってしまう身体の状態を改善することで自然に膝への負担が軽減していくように調整してきます。

この身体全体のバランスを調整しておくことで変形性膝関節症による、膝の痛みの再発の予防にもつながります。




内臓と身体には、内臓ー体性反射や体性ー内臓反射、内臓ー内臓反射などがあり、互いに影響し合っています。

この反射機能により、内臓の影響で腰やお尻、お腹の筋肉が緊張してしまい、その緊張の連鎖で膝の痛みを引き起こしていることもよくあります。

なので内臓の調整をし、お腹の働きを整えると、その緊張が緩み自然に膝の緊張もほぐれて膝への血流も良くなり、変形性膝関節症の痛みが改善していきます。




膝関節に関連する筋肉(半膜様筋、膝窩筋、大腿二頭筋)に加え、大腿四頭筋やふくらはぎ、腓骨筋群など下腿の筋肉を緩めることで、膝関節に負担がかかってしまうような膝関節のバランスを整えていきます。

ただ、むやみに筋肉を押さえたり過度の刺激を加えると逆に痛めてしまう恐れもあるので、十分に気をつけてください。

当院では、特殊な自然療法で緊張している筋肉を緩めていきます。

緊張している筋肉を緩めると共に、身体全体のバランスを整えることで、膝関節にかかっている負担を全身で分担され、自然に痛みも引いていきます。

当院では生活習慣や日常の動作や行動の癖により、膝の痛みのある部分にだけかかってしまっている負担を、全身で分担することで変形性膝関節症の痛みを改善していきます。





整体や鍼などの施術を受けようと思った時、一番気になるのが痛くないか?
という事だと思います。
当院の施術は、痛みを伴いません
実際に患者さんからのお言葉で多いのは「不思議っ」と「笑い」です。(笑)







勉強でもスポーツでも誰かに強制されてやった時と自分から自発的にやった時では、結果が明らかに違います

治療でも同じことが言えます。こちらが一方的に矯正(強制)したものには必ず反作用が生じます。

一方的に治療するのではなく、自分の身体の機能を高めるための、お手伝いをさせてもらいます。

自然に、勝手に、良くなっていく状態になっていくことで、再発の予防にもつながります







古くは坂本龍馬などが学んだ剣術の流派である「桓武月辰流」という武術(殺法)があり、その術理や理合を逆転的に活用した活法整体である妙見活法という、日本の伝統的な整体法で施術させてもらいます。

詳しくはこちら






少しでも早く痛みなどの症状から解放され、ご縁を頂いた患者さんのお役に立てるように、現在も技術向上のため毎月3~5回、研修会や勉強会に参加し治療技術やの質を高めています。






院長の仲山竜一郎は、厚生労働省管轄の国家資格である、「鍼師」「灸師」「柔道整復師」の3つの国家資格を有しています。全部で6年間、基礎医学や専門知識を学んでいます
 
 






完全個室!完全予約制なのでプライバシーも、安心で待ち時間もありません。

また、院内は曜日ごとに場所を分けて拭き掃除も徹底して行っていますので、常に清潔な状態で整体施術をうけて頂けます







口コミが多いので遠方からもたくさん来られます。結果を出し続けているからこそ口コミ・紹介をたくさん頂けていると思っています。

完全予約制なので、お待たせすることなく時間も読みやすいです

院前に駐車場も設けておりますので、お車でもお越しいただけます

一緒に症状改善を目指しましょう。あなたのご来院を心よりお待ちしております。





初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。


お問い合わせは今スグこちら!


       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る