information

メールボタン
お問い合わせボタン

膝の痛み








膝が痛くてスッと立てない
歩行すると膝が痛んだり違和感を感じたりする
階段の昇り降りがつらい
正座が出来ない
膝に水が溜まっていて痛い


このような痛みや症状が続くと辛いですよね。
当院では、同じような症状でお悩みの方が多く改善されています。



膝の痛み 原因


一般的にいわれている、膝の痛みの原因は様々です。
よく耳にすることが多いのが、半月板などの関節軟骨がすり減ってしまうことによっておこる変形性膝関節症があります。
その他に膝の痛みの原因として言われているものが、

・スポーツや仕事などでの使い痛み
毎日、スポーツをしていたり、立ち仕事や階段の上り下りをするなど膝に負荷がかかるような動作を繰り返しすることで膝への負荷が積み重なることで膝に痛みが生じる。

・加齢や肥満によるもの

加齢による筋肉(主に大腿四頭筋)関節の衰えや体重の増加により、膝関節に負荷がかかり膝に痛みが生じる

・外反母趾や内反小趾
足の指の変形により膝の一部分に負荷がかかり過ぎてしまうことで膝に痛みを生じる。

・O脚
足の体重のかけ方が偏ることによりO脚になっていった場合に足全体のバランスが崩れて膝に痛みを生じる。
元々、O脚の場合はO脚が原因で膝に痛みを生じることは稀。

・関節内に水が溜まる関節水腫
膝になんらかの負荷がかかり、関節内に水(関節液)が溜まり膝関節が不安定な状態になり痛みを生じる

・大腿四頭筋短縮症
乳幼児期の大腿への抗菌薬や解熱剤への筋肉注射が原因で大腿四頭筋が短縮する。
などがあります。



膝の痛み 症状

・椅子や床からの立ち上がりが痛い
・膝を曲げると痛い
・膝を伸ばすと痛い
・歩行時に膝に違和感や痛みがある
・膝関節に水が溜まる
・成長痛
・長時間、歩行していると痛んでくる
・動き始めが痛い
・階段の昇り降りがつらい



膝の痛み 種類

半月板損傷(靭帯損傷、ランナーズズニ―、ジャンパーズ二―)
ベーカー嚢腫
棚障害
変形性膝関節症
・鷲足炎
・腸脛靭帯炎
・膝蓋靭帯炎
・滑膜炎
・滑液包炎
・オスグット
・反張膝
など



膝の痛み 治療


大きく分けて2つの選択肢があります。
一つ目は、保存療法で手術をする程ではない状態の時に選択されます。
二つ目は、手術療法で変形の状態がひどかったりかなりの炎症により安静時痛がひどい場合に選択されます。

(保存)
薬物療法
主に消炎鎮痛剤で、関節内への注射や湿布。
その他には関節の動きを良くする目的で使用されるヒアルロン酸注射があります。

物理療法
数か月~数年続く慢性的なものには温熱療法、突然腫れて熱をもっているような、急性のものには寒冷療法をおこないます。
その他に、電気療法・赤外線療法・レーザー療法・マッサージなどがあります。

運動療法
専門家の指導により膝の状態にあった運動法をおこないます。

(手術)
手術療法
内視鏡、骨切り術、人工関節全置換術、人工関節単顆置換術など





膝の痛み 原因


自然に考えて、膝の痛みが出ている部分にだけ過度に負担がかかり働き過ぎている状態になっているのが原因です。

そして、他に働いていない部分があるという事も言えます。

例えば、会社である部署だけが過度に働き過ぎていて、他の部署がサボっていたとしたら、会社はうまく機能していないと言えます。
そして、働き過ぎの部署の人たちはいずれ過労になるかストライキを起こすでしょう。

今現在、痛めている膝も同じようなことが言えます。
日常生活の中の生活習慣や行動や動作のパターンの癖により無意識に膝に負担がかかり続けた結果、膝がその負荷に耐えられなくなり、色々な膝の症状がでてきます。


膝の痛み 施術





膝に負担がかかるような身体のバランスになっていることで、膝に対して荷重がかかり続け、膝の痛みなのどの症状が出てきます。

身体のアンバランスにより、膝にかかってる負担を骨盤から股関節と足関節のバランスの調整をし全体を整えることによって、かかりつづけていた膝への負担を軽減していきます

身体が自然にバランスがとれるようになると、膝へかかっている負担が軽減し膝の痛みが改善していきます。






一見、内臓と膝とは関係がないように思いますが、腰と同様、膝との関わりも非常に深いです。

特に、左膝の痛みと胃での糖質の消化との関わりは注意すべきです。
消化するために、胃が下垂することで下肢へといく動脈を圧迫してしまいます。

通常の消化だけなら問題ないのですが、お菓子やアイスクリームなど甘いものを食べ続けていると消化に時間がかかり、下肢へいく動脈を圧迫し続けることになると、下肢への血流が不足し膝痛の原因になります。

実際に、糖の摂取を控えただけで膝の痛みが消失した方もおられます

他にも、腸への影響もあり、その腸からの原因で膝痛を起こすこともあります。

なので、膝の痛みの改善のポイントとして、内臓のバランスを整えることと、糖質の摂取を控えることが重要となってきます



膝の痛みと関わりの深い筋肉として、大腿部の筋肉(大腿四頭筋、大腿二頭筋)や下腿の筋肉(腓腹筋やヒラメ筋、腓骨筋群)などがあり、これらの筋肉の緊張を緩めることも必要になります。

ただ、この緩め方を間違えると余計に痛みを増幅してしまう可能性もあるので、やり方には十分な注意が必要です。

当院では、自然療法を旨としておりますので、あくまでも自然に筋肉が緩んでいくように施術していきます。

緊張している筋肉を特殊な方法で直接的に緩めることもしますが、全身のバランスをとることで足にかかっている負担を分担した結果、足の筋肉の緊張が自然に取れてくるように調整していきます。







整体や鍼などの施術を受けようと思った時、一番気になるのが痛くないか?
という事だと思います。
当院の施術は、痛みを伴いません
実際に患者さんからのお言葉で多いのは「不思議っ」と「笑い」です。(笑)







勉強でもスポーツでも誰かに強制されてやった時と自分から自発的にやった時では、結果が明らかに違います

治療でも同じことが言えます。こちらが一方的に矯正(強制)したものには必ず反作用が生じます。

一方的に治療するのではなく、自分の身体の機能を高めるための、お手伝いをさせてもらいます。

自然に、勝手に、良くなっていく状態になっていくことで、再発の予防にもつながります







古くは坂本龍馬などが学んだ剣術の流派である「桓武月辰流」という武術(殺法)があり、その術理や理合を逆転的に活用した活法整体である妙見活法という、日本の伝統的な整体法で施術させてもらいます。

詳しくはこちら






少しでも早く痛みなどの症状から解放され、ご縁を頂いた患者さんのお役に立てるように、現在も技術向上のため毎月3~5回、研修会や勉強会に参加し治療技術やの質を高めています。






院長の仲山竜一郎は、厚生労働省管轄の国家資格である、「鍼師」「灸師」「柔道整復師」の3つの国家資格を有しています。全部で6年間、基礎医学や専門知識を学んでいます
 
 






完全個室!完全予約制なのでプライバシーも、安心で待ち時間もありません。

また、院内は曜日ごとに場所を分けて拭き掃除も徹底して行っていますので、常に清潔な状態で整体施術をうけて頂けます






口コミが多いので遠方からもたくさん来られます。結果を出し続けているからこそ口コミ・紹介をたくさん頂けていると思っています。

完全予約制なので、お待たせすることなく時間も読みやすいです

院前に駐車場も設けておりますので、お車でもお越しいただけます

一緒に症状改善を目指しましょう。あなたのご来院を心よりお待ちしております。





初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。



お問い合わせは今スグこちら!


       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る