京都 下京区の整体「仲山鍼灸整体院」TOP> ホットパックの作り方のページ

information

メールボタン
お問い合わせボタン

ホットパックの作り方



はじめまして、京都の鍼灸整体院、仲山鍼灸整体院の院長 仲山竜一郎です。

腰痛や肩こり、お腹が冷えた時などに、ホットパックがあったら便利ですが、自宅で使うのに購入するとなると金額も少し高い目なものが多いから、使い捨てカイロで済ましておこうと思ったりしませんか?

打ち身などでアイシングしたい時も、氷をビニール袋に入れて冷やしたりしますよね。

そんな時に、自宅で簡単にホットパックが作れたら良いかと思います。

今日は、ホットパックにもなる、アイシングにも使える物の作り方を

現役、整体師であり鍼灸師である私が、できるだけ具体的にご紹介していきたいと思います。

ホットパックが欲しい方の、参考にして頂けたら幸いです。


ホットパックの作り方

ホットパックを作るために用意するものは

赤ちゃん用の紙おむつ2つ
ジップロック(中)2袋
はさみ
入れ物(タッパなど)


紙おむつを切る

紙おむつをハサミで切り、中の綿と粉を取り出しまます。

この粉が水を吸ってジェル状になります。




ジップロックに綿と粉を入れます

取り出した綿と粉をジップロックに入れます。

その中に水をゆっくり少しずつ注ぎます。
そうすると、ジェル状に固まってきます。


水を加減しながら入れて、ジップロックを閉じれば完成です

水を適量(ジップロックが閉まるくらい)入れて閉じれば完成です。

漏れないよに、もう一枚のジップロックにチャックを逆にして入れれば、中が漏れる心配もありません。




ホットパックの作り方 動画



追伸

冷えは万病の元と言われていますが、本当のことです。
毎日、お風呂で湯船につかり、じっくり温まるようにしてください。

その上で、さらにホットパックや貼るカイロやレッグウォーマーを使い身体を冷やさないよにすることもおすすめします。

当院でも、冷えからくる腰の痛みや脊柱管狭窄症、腰椎ヘルニアなどにも対応しております。ご相談も受け付けておりますので、是非お声がけください。

対応疾患について詳しくはこちら


仲山鍼灸整体院 院長 仲山鍼灸整体院
資格:鍼師、灸師、柔道整復師
修得:整体術、鍼灸、上部頚椎、カイロプラクティック、オステオパシーなど
 
京都で鍼灸整体院をさせてもらっています。


ページトップに戻る