京都 下京区の整体「仲山鍼灸整体院」TOP> 婦人科系 腰痛のページ

information

メールボタン
お問い合わせボタン

婦人科系 腰痛


知っているようで知らない女性特有の

婦人科系疾患腰痛の関係


女性の場合、婦人科系の問題で腰痛がおこっている可能性があります

女性には、子宮・卵巣・ホルモンを含めた婦人科系と腰痛との関係があります。
そして、成長にしたがい思春期には生理、母になる妊娠、産前・産後、子育て、閉経後には更年期、骨粗鬆症と子宮やホルモンバランスの変化にともない身体や心も変化していきます。

その過程で、腰痛に悩まされることもあります。
もちろん筋・骨格や内臓の問題で腰痛がおこることもありますが、女性の場合、婦人科系の問題で腰痛がおこっている場合があります。

子宮や卵巣は腰の辺りに位置していることもあり、なんらかの婦人科系疾患で腰にも影響が出て腰痛をひきおこすこともあります。腰痛を招く婦人科系疾患はたくさんあります。

では、どういった婦人科系疾患から腰痛がおこるのか?また、それらの疾患にはどのような特徴があるのか?ということについてふれていきたいと思います。




腰痛と関連がある婦人科系疾患

まず、注意すべき1番のポイントは月経量です。生理の時に月経量が急に増えた!このサインには気をつけておきましょう。生理になると腰痛がでて月経量が多くなっていたら、筋肉や骨格が原因の腰痛ではなく、婦人科系からきている腰痛かもしれません。

月経困難症
生理痛のことで、子宮収縮を促進させるホルモン(プロスタグランジン)の過剰分泌が原因でおこる機能性月経困難症(思春期から20代に多い)と子宮内膜症や子宮筋腫が原因でおこる器質性月経困難症(20代後半以降に多い)があります

症状は月経にともなう腰痛・下腹部の痛み・嘔吐・頭痛・下痢・イライラ・貧血などです。

子宮内膜症
この子宮内膜症にともなう腰痛は少なくありません。
身体の変化としては、月経にともなう腰痛・下腹部の痛み・月経量が多くなる・生理日以外の出血・レバーのような血液の塊がでるなどがあります。
他には、どのような体勢にしても痛みに変化がなく、安静にしていても腰が痛いということもあります。

月経痛がきつい
月経の時以外も下腹部に痛みがある
不正出血がある
正交渉の時に痛みがある
排便時に肛門が痛む
お腹の膨満感

などの身体の変化を感じ、その上に腰痛があったら、その腰痛は筋肉や骨格が原因の腰痛ではなく子宮内膜症が原因の腰痛かもしれません。

子宮筋腫
子宮の筋肉の中に良性腫瘍のコブができてしまう疾患で、月経量が多くなる・そのため貧血気味になりやすい・不正出血・下腹部の圧迫感・頻尿・便秘・腰痛(月経が終われば腰痛も治る)・足の痛み、というような変化がおきます。

子宮癌
癌がある程度進行すると強い腰痛が現れる場合があります。

他にも、沈黙の臓器と言われている卵巣の良性腫瘍である卵巣のう腫や卵巣がん、子宮頸がんなど様々な婦人科系疾患があります。

生理の時にこれらの身体の変化を感じ、腰痛がなかなか改善されない場合は筋肉や骨格、内臓とともに、婦人科系の疾患も疑ってみてください。



婦人科系疾患 治療

病院では
ホルモン療法と手術療法
薬物療法
漢方治療

当院では
それぞれの婦人科系疾患の程度にもよりますが、症状と検査から子宮が原因の腰痛かどうか判断し、子宮に対して足から刺激することでアプローチするとともに骨盤や背骨の調整をおこないます。
子宮筋腫であれば、こぶしより小さい筋腫であれば改善する可能性は十分に期待できます。





はじめまして京都の「仲山鍼灸整体院」院長の仲山竜一郎です。

当院では、痛みや症状を改善し、本気で現状を変えたい!という方のお役に立ちたいという想いで施術させてもらってます。
その中でも、腰の痛みに関する施術を得意としています。

腰痛といっても症状は、ヘルニアのように動くと痛い・朝起きた時が痛い・常に重だるい・お尻や足にシビレを伴うなど様々です。

原因も、筋肉・骨格に問題がある場合。これは骨盤・腰周りだけでなく首や足など腰から離れたところに原因があることもあります。
他には内臓からくることもあります。肝臓・腎臓・胃腸・膵臓などです。女性の方に関しては子宮もあります。生理痛・子宮筋腫や子宮内膜症から腰痛が生じている場合もあります。
そして、腰痛改善を目指す上で忘れてはならないのが、日常生活です。
同じことをしていては同じ結果しか望めません。そこで、日常生活にちょっとした変化をつけることで腰痛を改善するという結果を目指します。
そのための、ご提案もさせてもらいます。
自分で変化することで再発しにくくなります。一緒に腰痛改善を目指しましょう






整体や鍼などの施術を受けようと思った時、一番気になるのが痛くないか?
という事だと思います。
当院の施術は、痛みを伴いません
実際に患者さんからのお言葉で多いのは「不思議っ」と「笑い」です。(笑)







勉強でもスポーツでも誰かに強制されてやった時と自分から自発的にやった時では、結果が明らかに違います

治療でも同じことが言えます。こちらが一方的に矯正(強制)したものには必ず反作用が生じます。

一方的に治療するのではなく、自分の身体の機能を高めるための、お手伝いをさせてもらいます。

自然に、勝手に、良くなっていく状態になっていくことで、再発の予防にもつながります







古くは坂本龍馬などが学んだ剣術の流派である「桓武月辰流」という武術(殺法)があり、その術理や理合を逆転的に活用した活法整体である妙見活法という、日本の伝統的な整体法で施術させてもらいます。

詳しくはこちら






少しでも早く痛みなどの症状から解放され、ご縁を頂いた患者さんのお役に立てるように、現在も技術向上のため毎月3~5回、研修会や勉強会に参加し治療技術やの質を高めています。






院長の仲山竜一郎は、厚生労働省管轄の国家資格である、「鍼師」「灸師」「柔道整復師」の3つの国家資格を有しています。全部で6年間、基礎医学や専門知識を学んでいます
 
 






完全個室!完全予約制なのでプライバシーも、安心で待ち時間もありません。

また、院内は曜日ごとに場所を分けて拭き掃除も徹底して行っていますので、常に清潔な状態で整体施術をうけて頂けます







口コミが多いので遠方からもたくさん来られます。結果を出し続けているからこそ口コミ・紹介をたくさん頂けていると思っています。

完全予約制なので、お待たせすることなく時間も読みやすいです

院前に駐車場も設けておりますので、お車でもお越しいただけます

一緒に症状改善を目指しましょう。あなたのご来院を心よりお待ちしております。

 



初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。




腰痛を招く婦人科系疾患は、たくさんあります。
その中でも発症頻度の高い、機能的月経困難症と器質的月経困難症である子宮筋腫、子宮内膜症などについてお伝えしました。

当院でも対応可能な機能的月経困難症、子宮筋腫、子宮内膜症からくる腰痛もありますので、このホームページをご覧いただき何かを感じていただけたらぜひ当院にお越しください。一緒に婦人科系からくる腰痛改善を目指しましょう。


このページをご覧になっている方へのおすすめ記事

 足がつる7つの原因と予防法
 腰痛予防になる寝方・起き方

「その他の腰痛に関する記事

腰の痛み  ・ぎっくり腰   ・脊柱管狭窄症  ・腰椎分離症
すべり症  ・腰のヘルニア  ・婦人科系 腰痛  ・右腰の痛み
左腰の痛み ・骨盤の前の痛み

知っておきたい!腰痛を伴う命に関わる疾患

破裂すると怖い「腹部大動脈瘤」
背中から腰に痛みを伴う「腎梗塞」
尿毒症もおこる「腎不全」

地図情報



お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-585-188
       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る