information

メールボタン
お問い合わせボタン

肩こり









常に肩の上に重い物が乗っている感じがする
肩や背中に鉄板が入っている感じ
肩を押さえると頭まで響く
肩が重い、痛い、だるい
目の奥がしんどい

肩がこって、ひどくなると頭痛をともなう
このような痛みや症状が続くと辛いですよね。
当院では、同じような症状でお悩みの方が多く改善されています。

まずは肩こりを改善するために、知っておいた方が良いことがあります。


肩こりとは


首や肩周りの筋疲労により様々な症状を呈する状態です。

筋肉が緊張する→血流が悪くなる→組織が酸素・栄養不足になり疲労物質が溜まる→筋肉が硬くなる→血管を圧迫する→血流が悪くなる

このように、首や肩周りの筋肉がなんらかの原因で緊張することにより血流低下と筋緊張を繰り返すという悪循環がおこった結果、慢性的な肩こりになります。



肩こり 原因


肩こりの原因は、人により様々です。

肩こりをともなう筋肉
僧帽筋、大胸筋、小胸筋、前鋸筋、肩甲挙筋、大・小菱形筋、頭板状筋、棘上筋
三角筋などが主に肩こりと関わりのある筋肉です。

これらの筋肉の緊張に伴い首や肩の動きが悪くなることも、もちろんなのですが肩甲骨の動きが悪くなっている場合が多いです。


・長時間の同じ姿勢
パソコンやスマホ、デスクワーク、読書、不良姿勢でテレビを見る、車の運転
細かい手仕事などで頭を前に突き出した姿勢を長時間続けることで筋肉に負荷がかかり続ける。いわゆる、なで肩や猫背姿勢です。

人間の頭の重さは、5~6キロ(ボーリングの玉で12~14ポンド)の重さがあります。その重さを不安定な状態で支え続けていると想像してみてください。

・眼精疲労
最近では、パソコンやスマホなどの普及により目の周りの筋肉(眼輪筋)が疲労することで眼の疲れからくる肩こりも多くなっています。ブルーライトによる影響もあるといわれています。

眼と肩こりの関係性は深く、視力に合っていないコンタクトレンズやメガネをしていると、たちまち目の疲れ肩こりが現れます。
一番分かりやすいのは、片方だけコンタクトをしているとすぐに肩こりや首の緊張を経験された方もおられるのではないかと思います。

・運動不足
運動不足は現代において大きな課題となっています。
家事や仕事に追われ、運動しようと思ってはいるがなかなかできないとうのが現実だという方も少なくないと思います。

しかし、運動不足になると筋力も低下し血流不足、疲労物質の蓄積がしょうじます
。また、肥満や老化にもつながるおそれもあります。

・ストレス
ストレスは自律神経の交感神経の緊張をおこすので血管が収縮し血流不足につながります。

他には、枕の高さや顎関節症による噛み合わせ、入れ歯、冷えなども肩こりの原因となりえます。


それぞれの疾患に関連する症状と肩こりをともなう内臓疾患があります。

・肝臓疾患
主に、右の首から肩の後ろにかけて肩こりなどの症状があらわれます

・胃腸疾患
肩甲骨の間や肩甲骨の内縁に肩こりなどの症状があらわれます。

・肺疾患
初期症状として肩や背中にこりが生じます。

他には
結石、貧血、高血圧、低血圧



更年期障害
生理前症候群(PMS)
子宮筋腫
子宮内膜症
子宮がん

などからも肩こりをともなう可能性があります。



肩こり 症状


・常に肩の上に重い物が乗っている感じがする
・肩や背中に鉄板が入っている感じ
・肩を押さえると頭まで響く
・肩が重い、痛い、だるい
・目の奥がしんどい

肩こりが進むと
・肩から手にかけての痛みやしびれ
・定期的な頭痛
・目の奥が痛む
・きつい痛みをともなう
・耳鳴り
・手のしびれ感

など、様々な症状がおこります。
その中でも突発的に痛みがおこった場合、安静にしてもズキズキ痛む場合は、無理をせず早い目に病院での受診をおすすめします



肩こり 治療


一般的には、マッサージが主流となっています。他に

・温熱療法

・運動療法

・薬物療法
湿布、デパス、抗不安剤、筋弛緩剤、消炎鎮痛剤、漢方薬

・注射
局所麻酔、神経ブロックなど






当院の考える肩こりの原因


一般的には、肩周辺の筋肉の緊張や肩甲骨の動きなどに原因があり、そこの部分に対して治療することで肩こりを解消すると言われていますが、

当院では、首や肩にだけ負担がかかるような身体のバランス状態に問題があると考えています。

例えば、会社で自分が開発部に所属していたとします。
その会社では、開発部が営業から経理にいたるまでの仕事を担っていました。
その分、他の部署はゆったりと生活しています。

そんな中でも、文句の一つも言わずに開発部は、働き続けました。
その結果、営業部は負担がかかりすぎて皆動けなくなりました。

解決方法は開発部に人を補充したり、開発部の能力を高めることではなく、開発部が気持ちよく働けるように、過度にかかっている負担を会社全体で分担することです。

というようなことが、首や肩にも生じていると考えると、首や肩にかかっている負担を全身で分担し一致団結し連携して動けるようにしていくことが再発を防ぐためにも大切になってきます。







直接的な問題は頚椎や肩周りの筋肉の部分にあるのですが、頚椎と腰椎は互いに連動し合っているため、どちらかに変異が起こると、それを補正するためにもう片方にも変異が起こります。

そのため、頚椎や肩の筋肉だけを調整するのではなく骨盤・股関節を含めた腰椎の調整をすることで、頚椎も整い肩の筋肉も緩みやすくなります。




ここで大切なのが、骨盤の位置を整えるということは、正常に機能するように調整していくということです

どういうことか?といいますと、形を整えるだけでは十分ではないということです。
小学生の時に傘を掌に乗せて落ちないようにバランスをとって遊んだことがあるかと思います

骨盤が機能するということは、傘が落ちないようにバランスをとるように、頭をバランスよく支えるために自由にバランスが取れるように動くことです。

ストレートネックの症状を改善するためには、土台である骨盤が機能的に働くように調整することで、頚椎を整いやすくしていきます。




骨格的にいえば、内臓と頚椎は直接的には関連性はないですが、間接的にかなり影響し合っています。

内臓と体幹は、内臓体性反射または体性内臓反射で互いに影響し合っています。

例えば、膵臓の調子が悪いと背中に痛みや緊張が生じたり、肝臓の調子が悪いと背中や肩に緊張が生じたりします。

筋肉や骨格に不具合がある時、内臓機能のバランスが影響していることも多々あります。

なので、肩こりを改善していくにあたり、この内臓の調整も重要なポイントになってきます。




肩こりになると、頚や肩周りの筋肉の緊張が生じています。頚や肩に凝りを感じていおられることと思います。

そのため、肩こりを改善していくにあたり、頚や肩周りの筋肉の調整をおこなう必要があります。

ただ、単純に押さえたりマッサージをしても緩んではきません。

なぜなら、頚や肩が緊張してしまうような身体のバランスになってしまっているからです。なので骨格や内臓を含めた頚椎や肩にかかわる部分を調整し、頚や肩周りの筋肉が緊張しなくても良い状態に整えたうえで、筋肉へのアプローチをして肩こりの症状を改善していきます。







整体や鍼などの施術を受けようと思った時、一番気になるのが痛くないか?
という事だと思います。
当院の施術は、痛みを伴いません
実際に患者さんからのお言葉で多いのは「不思議っ」と「笑い」です。(笑)







勉強でもスポーツでも誰かに強制されてやった時と自分から自発的にやった時では、結果が明らかに違います

治療でも同じことが言えます。こちらが一方的に矯正(強制)したものには必ず反作用が生じます。

一方的に治療するのではなく、自分の身体の機能を高めるための、お手伝いをさせてもらいます。

自然に、勝手に、良くなっていく状態になっていくことで、再発の予防にもつながります







古くは坂本龍馬などが学んだ剣術の流派である「桓武月辰流」という武術(殺法)があり、その術理や理合を逆転的に活用した活法整体である妙見活法という、日本の伝統的な整体法で施術させてもらいます。

詳しくはこちら






少しでも早く痛みなどの症状から解放され、ご縁を頂いた患者さんのお役に立てるように、現在も技術向上のため毎月3~5回、研修会や勉強会に参加し治療技術やの質を高めています。






院長の仲山竜一郎は、厚生労働省管轄の国家資格である、「鍼師」「灸師」「柔道整復師」の3つの国家資格を有しています。全部で6年間、基礎医学や専門知識を学んでいます
 
 






完全個室!完全予約制なのでプライバシーも、安心で待ち時間もありません。

また、院内は曜日ごとに場所を分けて拭き掃除も徹底して行っていますので、常に清潔な状態で整体施術をうけて頂けます







口コミが多いので遠方からもたくさん来られます。結果を出し続けているからこそ口コミ・紹介をたくさん頂けていると思っています。

完全予約制なので、お待たせすることなく時間も読みやすいです

院前に駐車場も設けておりますので、お車でもお越しいただけます

一緒に症状改善を目指しましょう。あなたのご来院を心よりお待ちしております。





初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。


肩こりに関連する記事

肩こりと首こり   

肩こりと頭痛

肩こりと吐き気

肩こりからくる動悸

突然の左肩の激痛

息苦しいのは肩こりが原因かも

便秘と肩こりの関係

肩こりからくる歯痛

肩こりからくる咳

肩こり 左右の違い

肩こりと耳鳴り

肩こりと睡眠

肩こりと寝違え

肩こりと腰痛

肩こりと胸こり



お問い合わせは今スグこちら!


       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る