information

メールボタン
お問い合わせボタン

腰の痛みについて








腰に痛みや重だるさがある
腰を動かすと痛みを感じる
ある程度の距離を歩くと痛みやしびれだるみにより歩けなくなり座って休むとまた歩けるようになる(間欠性跛行)
長時間同じ姿勢(立ち仕事・デスクワークなど)をしていると痛みが強くなる
体を動かすと症状がきつくなる
じっとしていても痛い、だるい
お尻から足の方までしびれる


このような症状があると辛いですよね。
日常生活日常生活にも支障をきたしてしまいます。でも、あなたと同じ腰の痛みで悩んでいた方が当院の施術で改善されております。



腰の痛みをおこす3つの原因


腰痛の原因について大きく分けると3つ
筋肉・骨格系に問題がある
内臓系からの反射で腰に痛みが出る
日常の生活習慣・冷え


が考えられます。他にも心因性(ストレス性)の腰痛もあると言われています。


腰痛の種類と注意すべきこと


「種類」
腰の右側が痛い、腰の左側が痛い、腰の真ん中辺りが痛い
腰の下のほうが痛い、腰の上のほうが痛い、お尻のあたりが痛い
動かすと痛い、じっとしていても痛い。

など痛みの場所や感じ方は様々です。
そして、腰の痛みでも注意すべきポイントがあります。
それは、内臓の影響で腰痛を引き起こしている場合です。

見極めるポイントはまず!
動かなければ痛みがない。安静にしていると痛みがましになる場合は筋・骨格が原因であることが多いです。
逆に安静にしていても腰の痛みが全く変わらないorむしろ痛みがきつくなる。うずいて眠れない。という様な時です

中には腹部大動脈瘤&腹部大動脈解離、腎梗塞、急性膵炎、脊椎感染症、悪性腫瘍(ガン)といった生命に関わることが原因の腰痛もあるので、激痛で安静にしていても痛みが増してくる場合は速やかに一度病院での受診をオススメします。



腰痛が慢性化してしまう方の生活習慣


デスワークや立ち仕事など、長時間同じ姿勢を続けていることが多い
座るといつも足を組んでいる
キッチンの高さが合っていない
冷えやすい環境にある
介護など中腰から持ちあげる動作が多い
横向きで寝て、手枕をしてテレビを見る
座る時に、浅く座って背もたれにもたれてテレビを見ている

などなど、様々な日常動作の中に腰痛の原因 となっていることがあります。
一度、ご自身の生活の中で、よくする動作や姿勢のベスト3を考えてみてください。



腰の痛みの治療法


病院では
基本は保存療法で、保存療法には消炎鎮痛剤を内服したり、湿布薬などの外用薬を用いる薬物療法になります。

その他に、
温熱療法、運動療法、牽引療法、装具療法、ブロック療法など様々な治療法があります。

一般的な民間療法では
骨盤や背骨など骨格調整(カイロプラクティック、整骨・接骨院、整体院など)
筋肉に対する調整(カイロプラクティック、整骨・接骨院、整体院・鍼灸院・マッサージなど)鍼灸(鍼灸院)などがあります。








あらゆる腰の痛みを改善するにあたり、調整が必要なのが骨盤の歪みです。
腰の痛みに直接的には、腰椎の歪みとそこに関連する筋肉が関係しているのですが、その痛い場所だけを何とかしようとしても整いません。

そもそも、動作の癖や生活習慣などで、色々なバランスをとっていった結果として歪みが生じているので、改善するためには腰の緊張が緩む位置にバランスをとっていくことが望ましいです。

その全体のバランスをとるための重要なポイントが骨盤なので、腰痛改善のためには骨盤の歪みを整えることが大切です。




内臓と腰の筋肉の関係性は非常に深いものがあります。
内臓ー体性反射または体性ー内臓反射という反射作用が身体にはあるからです。

これは、内臓のバランスの乱れにより、背中や腰の筋肉に緊張が生じます。

なので、内臓のバランスを整えることで、腰の筋肉や筋膜の緊張を緩めます。

特に、肝臓、胃、膵臓、腎臓などは、腰の痛みの調整ポイントとなってきます。




痛みやしびれが長引くと脳にストレスがかかり続けることになります。

そうすると脳から身体に指令を出す伝達機能に乱れが生じ、筋肉や骨格的に整っていても痛みやしびれを感じ続けるということがあります。

電気のスイッチが正常にON-OFFができなくなってる状態だと思ってもらうと分かりやすいかもしれません。

このスイッチのON-OFFを正常に機能するように、頚椎や腹部の太陽神経叢に対してアプローチして調整していきます。



はじめまして京都の「仲山鍼灸整体院」院長の仲山竜一郎です。

当院では、痛みや症状を改善し、本気で現状を変えたい!という方のお役に立ちたいという想いで施術させてもらってます。
その中でも、腰の痛みに関する施術を得意としています。

腰痛といっても症状は、ぎっくり腰のように動くと痛い・朝起きた時が痛い・常に重だるい・お尻や足にシビレを伴うなど様々です。

原因も、筋肉・骨格に問題がある場合。これは骨盤・腰周りだけでなく首や足など腰から離れたところに原因があることもあります。
他には内臓からくることもあります。肝臓・腎臓・胃腸・膵臓などです。女性の方に関しては子宮もあります。生理痛・子宮筋腫や子宮内膜症から腰痛が生じている場合もあります。
そして、腰痛改善を目指す上で忘れてはならないのが、日常生活です。
同じことをしていては同じ結果しか望めません。そこで、日常生活にちょっとした変化をつけることで腰痛を改善するという結果を目指します。
そのための、ご提案もさせてもらいます。
自分で変化することで再発しにくくなります。一緒に腰痛改善を目指しましょう



腰痛が治り、生活意識も変わりました!

守道祥代さん 30代

どのような症状で来院されましたか?

腰痛

施術を受けて、どのような変化がありましたか?

腰痛が治り、生活意識も変わりました

同じ様な症状で悩んでおられる方へメッセージをお願いします

介護の仕事なので、腰への負担が大きく、痛みはよく起こるのですが治療してもらい、痛みがなくなり
体を整えてもらうとスッキリして仕事ができています。
治療は痛みもなく、とってもリラックスできます。リラックスしすぎて眠たくなることも・・・。
治療はもちろん、自分の体のくせ(バランスやゆがみ)など知ることができ、日々の生活での姿勢や体を意識するきっかけになりました。
治療を機に、腰痛・体調も良くなり自分の体への意識を持つことができ、すごく良かったです。

*あくまでも個人的な感想なので効果を保証するものではありません。






整体や鍼などの施術を受けようと思った時、一番気になるのが痛くないか?
という事だと思います。
当院の施術は、痛みを伴いません
実際に患者さんからのお言葉で多いのは「不思議っ」と「笑い」です。(笑)







勉強でもスポーツでも誰かに強制されてやった時と自分から自発的にやった時では、結果が明らかに違います

治療でも同じことが言えます。こちらが一方的に矯正(強制)したものには必ず反作用が生じます。

一方的に治療するのではなく、自分の身体の機能を高めるための、お手伝いをさせてもらいます。

自然に、勝手に、良くなっていく状態になっていくことで、再発の予防にもつながります







古くは坂本龍馬などが学んだ剣術の流派である「桓武月辰流」という武術(殺法)があり、その術理や理合を逆転的に活用した活法整体である妙見活法という、日本の伝統的な整体法で施術させてもらいます。

詳しくはこちら






少しでも早く痛みなどの症状から解放され、ご縁を頂いた患者さんのお役に立てるように、現在も技術向上のため毎月3~5回、研修会や勉強会に参加し治療技術やの質を高めています。






院長の仲山竜一郎は、厚生労働省管轄の国家資格である、「鍼師」「灸師」「柔道整復師」の3つの国家資格を有しています。全部で6年間、基礎医学や専門知識を学んでいます
 
 






完全個室!完全予約制なのでプライバシーも、安心で待ち時間もありません。

また、院内は曜日ごとに場所を分けて拭き掃除も徹底して行っていますので、常に清潔な状態で整体施術をうけて頂けます







口コミが多いので遠方からもたくさん来られます。結果を出し続けているからこそ口コミ・紹介をたくさん頂けていると思っています。

完全予約制なので、お待たせすることなく時間も読みやすいです

院前に駐車場も設けておりますので、お車でもお越しいただけます

一緒に症状改善を目指しましょう。あなたのご来院を心よりお待ちしております。





初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。



腰の痛みの原因は大きく分けて3つです。
筋肉・骨格系に問題がある
内臓系からの反射で腰に痛みが出る
日常の生活習慣・冷え

これらを改善するために様々な治療法や予防法があります。もちろん日常生活の中で改善した方が良いこともあります。

当院では、腰の痛みをソフトで安全で1人1人に合った刺激で改善していきます。
そして、腰痛改善のために日常生活で気をつけることなどのご提案もさせてもらっています。
一緒に腰痛改善を目指しましょう。


このページをご覧になっている方へのおすすめ記事

 季節の変わり目と腰痛
 腰痛になる前にやっておきたい予防体操(動画)
 足がつる7つの原因と予防法
 腰痛予防になる寝方・起き方

「その他の腰痛に関する記事

腰の痛み  ・ぎっくり腰   ・脊柱管狭窄症  ・腰椎分離症
すべり症  ・腰のヘルニア  ・婦人科系 腰痛  ・右腰の痛み
左腰の痛み ・骨盤の前の痛み

知っておきたい!腰痛を伴う命に関わる疾患

破裂すると怖い「腹部大動脈瘤」
背中から腰に痛みを伴う「腎梗塞」
尿毒症もおこる「腎不全」

地図情報



お問い合わせは今スグこちら!

電話番号 0120-585-188

お問い合わせボタン


ページトップに戻る