information

メールボタン
お問い合わせボタン


活法とは

現代の柔道の源流である
柔術の中の殺法(相手を倒し無力化する)の
術理・理合を逆転的に活用し
不具合や負傷を回復される体系を
活法と呼称します。

刀傷や落馬などの負傷に対して
兵卒を瞬時に戦列に戻すという
喫緊の必要性から発展した活法は
巷間の柔道整復術や整体術とは異なり
即効性と効果に比重が置かれたものです。


妙見活法とは

妙見活法とは、房総千葉氏の
鎌倉幕府の大御家人・千葉常胤公を
中興の祖とする
『桓武月辰流』に伝えられる活法体系です。

明治時代の武術体系の再編纂による
『失伝』を免れた
一千年の歴史を有する古伝活法です。
残存あるいは再興された
他流の活法とは異なり

骨継ぎ及び気付けただけではない
広範囲の不調・不具合に対して
高い効力を発揮する瞬間療法です。

当院はこの妙見活法を管理する
『正伝妙見活法協会』に加入しており
第二十四代宗家より
正統な秘伝・口伝の相伝を受けております。

正伝妙見活法協会とは


正伝妙見活法協会とは
頭山満翁の後押しにより

『妙見活法』を管理し
後世に伝えて行くために
結成された団体です。

当院は、
正伝妙見活法協会に入会・在籍し
同会司家である 桓武月辰流 第二十四代宗家
千葉吉胤妙星師による認可を授かり

正統たる古伝活法の相伝
ならびに
学術的背景からの修学により

その標榜を許可されております。

平成29年1月7日 正伝妙見活法協会総本部公認



お問い合わせは今スグこちら!


       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る