information

メールボタン
お問い合わせボタン

棚障害







スポーツをしていると膝の内側にひっかかりや痛みを感じる
膝を曲げ伸ばしするとコキッと音がする
屈伸運動が痛い
膝になんか挟まった感じがある
膝のお皿の内側周辺が痛い


このような痛みや症状が続くと辛いですよね。
当院では、同じような症状でお悩みの方が多く改善されています。

まずは棚障害からくる膝の痛みを改善するために、知っておいた方が良いことがあります。



棚障害とは


膝の関節内にあるタナという部位でおこる膝関節炎のことを棚障害と言います。
膝蓋骨と大腿骨の間に関節腔という空間があり、その空間を仕切るヒダのような組織(滑膜ヒダ)が、繰り返しの膝の曲げ伸ばしなどにより関節の間に挟まったり、大腿骨に擦れることで炎症をおこします。

この滑膜ヒダは、はお腹の中にいる胎児期に一時的につくられるもので成長と共に退化し消滅するものですが、日本人の約半数の方はそのままヒダが存在したままになっています。

そのため、滑膜ヒダの形状や大きさも人によって違いがあります。

通常、痛みなどの症状がなければ問題ないものですが、繰り返しの負荷により炎症が起こると棚障害となります。



棚障害の原因


主に、膝をよく曲げ伸ばしするスポーツや打撲が誘因となり発症します。
人によって滑膜ヒダの厚みや形状に違いがあり、同じ負荷でも発症してしまうこともあります。

・オーバーユース
スポーツや仕事などで繰り返し膝を曲げ伸ばしするなど、過度に負荷をかけすぎることにより膝関節に炎症をおこす

・歪み
身体(背骨)の歪みや膝関節のズレや捻じれにより、膝にだけ過度に負荷がかかりやすい状態になっているので、少し無理をすると膝に炎症をおこしてしまう。


スポーツをしている10代~20代の女性に多く発症します。
競技としては、陸上、野球、バスケットボール、バレーボール、ハンドボールなどの選手に多くみられます。



棚障害の症状


スポーツなど運動をしている時に、膝蓋骨の内側に痛みや引っかかりを感じたり膝の曲げ伸ばしの際にコリッやゴッキなどの音がするなどの症状があります。他に
・膝になにか挟まった感じがする
・膝蓋骨周辺に重だるさや違和感を感じる
・膝の内側を押すと痛みがある
などの症状があらわれます。

初期の段階では、動かしている動作時にのみ痛みや違和感を感じますが、症状がすすみ重症化するとじっとしていても痛い安静時痛がでてきます。



棚障害の治療法


病院では
(保存療法)
・安静にする
運動量を抑えるか休むなど

・消炎鎮痛剤
湿布や注射など

・物理療法
ストレッチ、アイシング、温熱療法、超音波など

(手術療法)
・関節鏡手術、滑膜ヒダ切除術など

初期段階で軽傷の場合は、1~2ヶ月程安静にしていると炎症が治まり改善されることがありますが、痛みを我慢して放っておくと重症化し改善までに長引くので初期のうちに対処することをおススメします。







当院の棚障害の原因


棚障害は解剖学的に診ると膝関節内の滑膜ヒダが関係していて、そこに仕事や運動での使いすぎにより繰り返し負担がかかり発症するものとされています。

しかし、同じように使っている反対側の膝はどうでしょうか?
もし、滑膜ヒダが原因なら左右均等に痛みや引っかかり感があるはずです。

ということは、身体のバランスが関係していることが考えられます。
膝関節の歪み、背骨や骨盤の歪み、内臓反射からの身体の歪み、ストレス反応からの身体の緊張からくる歪みなど色々と考えられます。

しかし、単純に考えると膝の一部分にだけ負担がかかり過ぎていて、他の部分が働いていないことが原因と考えられます。

例えば、サッカーの試合で3人だけが走りまくっていて、他の選手がサボっていたら、3人の選手がいかに体力があっても後半にはバテテしまい、連日試合が続くと疲労がたまりいずれは故障者リストに名前がつらなることになるでしょう。

それと同じで、膝の一部だけに負担がかかるような身体の状態になっていることが痛みの生じる原因なのです。








棚障害は滑膜ヒダに繰り返し負荷がかかり炎症が起こることで、膝の痛みを生じます。

この滑膜ヒダに繰り返し負荷がかかるのは、身体の重心バランスが乱れたことにより膝に負荷がかかるような身体のバランスになっているためです。

なので、棚障害を改善するためには骨盤からのバランスを整え、負荷が膝にかからないように調整することがポイントになってきます。




膝に繰り返し負荷がかかることで、膝関節の歪みが生じます。
この膝関節の歪みを微調整していきます。

膝関節は、大腿骨、脛骨、腓骨、膝蓋骨、半月板、関節包やなどの軟部組織で構成されていて複雑な構造をしています。

そこに慢性的に炎症が起こっている状態で無理な調整をすると、膝関節に負荷がかかってしまうので、膝関節自体の調整は、できるだけ少ない刺激で微調整をしていきます。

微調整でも整うのは、全体のバランスをとり膝の負荷を軽減していくからです。




大腿四頭筋や二頭筋など大腿部の筋肉や下腿三頭筋や腓腹筋、腓骨筋群などの下腿の筋肉の緊張を緩めます。

膝の筋肉にも緊張してしまい、緩まなくなっているところがあるので、膝の骨格調整に加え、そこに関連する筋肉群を緩めることで早期改善を目指します。

      







整体や鍼などの施術を受けようと思った時、一番気になるのが痛くないか?
という事だと思います。
当院の施術は、痛みを伴いません
実際に患者さんからのお言葉で多いのは「不思議っ」と「笑い」です。(笑)







勉強でもスポーツでも誰かに強制されてやった時と自分から自発的にやった時では、結果が明らかに違います

治療でも同じことが言えます。こちらが一方的に矯正(強制)したものには必ず反作用が生じます。

一方的に治療するのではなく、自分の身体の機能を高めるための、お手伝いをさせてもらいます。

自然に、勝手に、良くなっていく状態になっていくことで、再発の予防にもつながります







古くは坂本龍馬などが学んだ剣術の流派である「桓武月辰流」という武術(殺法)があり、その術理や理合を逆転的に活用した活法整体である妙見活法という、日本の伝統的な整体法で施術させてもらいます。

詳しくはこちら






少しでも早く痛みなどの症状から解放され、ご縁を頂いた患者さんのお役に立てるように、現在も技術向上のため毎月3~5回、研修会や勉強会に参加し治療技術やの質を高めています。






院長の仲山竜一郎は、厚生労働省管轄の国家資格である、「鍼師」「灸師」「柔道整復師」の3つの国家資格を有しています。全部で6年間、基礎医学や専門知識を学んでいます
 
 






完全個室!完全予約制なのでプライバシーも、安心で待ち時間もありません。

また、院内は曜日ごとに場所を分けて拭き掃除も徹底して行っていますので、常に清潔な状態で整体施術をうけて頂けます







口コミが多いので遠方からもたくさん来られます。結果を出し続けているからこそ口コミ・紹介をたくさん頂けていると思っています。

完全予約制なので、お待たせすることなく時間も読みやすいです

院前に駐車場も設けておりますので、お車でもお越しいただけます

一緒に症状改善を目指しましょう。あなたのご来院を心よりお待ちしております。




初回(40分~60分) →検査料2000円+施術料6000円 税込
2回目以降(30分程度)施術料 →6000円 税込

痛みなど症状を改善させることを目的にしていますので、原因を探し出し、症状が改善するために必要なことだけさせていただきます。『長い時間施術してほしい』などの慰安目的の方にはご期待に答えることができませんのでご注意ください。


お問い合わせは今スグこちら!


       

お問い合わせボタン


ページトップに戻る